フィギュア

河辺がSP8位、川畑10位 フィギュア世界ジュニア

2020/3/7 1:07
保存
共有
印刷
その他

【タリン=共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は6日、エストニアのタリンで行われ、女子ショートプログラム(SP)で全日本ジュニア選手権女王の河辺愛菜(関大KFSC)が2連続3回転などジャンプを三つ全て成功し、64.47点で8位につけた。全日本選手権3位の川畑和愛(N高東京)が2連続3回転で回転不足を取られ、62.85点で10位となった。

女子SP 演技する河辺愛菜(6日、タリン)=共同

女子SP 演技する河辺愛菜(6日、タリン)=共同

昨年12月のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者で13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)がジュニア世界最高の74.92点をマークして首位に立った。

最終日の7日にフリーを実施する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

 【ジュネーブ=共同】新型コロナウイルスの感染防止策として中国政府がスポーツの国際大会を年内は原則的に開かないと決定したことを受け、国際スケート連盟(ISU)は13日、フィギュアのグランプリ(GP)シ …続き (8:21)

 日本スケート連盟は13日、新型コロナウイルス感染症の情勢を考慮し、フィギュアスケートの国際競技会について、男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が例年、シーズン初戦としているオータム・クラシック( …続き (13日 18:29)

 国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで2019~20年シーズンに新設した「ISUスケーティング・アワード」の受賞者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が初代の「最優秀選手賞」を受賞した。最終 …続き (12日 1:27)

ハイライト・スポーツ

[PR]