その他スポーツ

世界陸連、市販の「厚底」容認 特注は禁止へ

2020/2/1 1:45
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】ワールドアスレチックス(世界陸連)は31日、男女マラソンの世界新など相次ぐ好記録を受けて規制の可能性が取り沙汰されていた米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズについて、これまで市販されてきたタイプの使用を認める新ルールを発表した。特注の「超厚底」は禁止される。

4月30日以降に競技会で使用する靴は、それまでに4カ月以上の期間で市販されていることが条件となる。一般に流通していない靴は特注とみなされ、使用が認められない。今後は底の厚さは40ミリ以下、埋め込まれる炭素繊維のプレートは1枚までに制限する。これらの条件を満たさない場合は、一時的に使用禁止となる。

男子マラソンの日本記録を持つナイキ所属の大迫傑や世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)ら多くのトップ選手が履いており、男女とも残り1枠の東京五輪代表が懸かる3月の国内指定大会や五輪本番に向けて国際統括団体の判断が注目されていた。

同シリーズは厚い靴底に炭素繊維のプレートを挟み込み、高いクッション性と反発力を売りにしている。ナイキは2017年の一般発売時に同社の従来品と比べて走りの効率が4%向上するとアピール。トップ選手は薄底の靴を使うのが主流だった長距離界の常識を覆し、市民ランナーにも急速に浸透した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

水上練習で汗を流したカヌー・スプリント男子カヤックフォアの松下桃太郎(8日、石川県小松市)=共同

 カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の松下桃太郎と藤嶋大規(ともに自衛隊)が8日、合宿先の石川県小松市で取材に応じた。新型コロナウイルス禍による延期がなければ五輪決勝だ …続き (19:52)

公開練習で跳馬の練習をする北園丈琉(8日、大阪市の清風高校)=共同

 体操男子で2018年ユース五輪5冠に輝いた大阪・清風高3年の北園丈琉が8日、大阪市内の同高で練習を公開した。東京五輪の1年延期で、小学生の頃から目標だった高校生での五輪代表入りはならなかったものの「 …続き (18:51)

 東京五輪のマラソンと競歩の実施1年前に合わせて、札幌市で路面の温度などを調査している日本陸連の杉田正明科学委員長が8日、オンラインで取材に応じ、気温に湿度などの要素を加味し熱中症の危険度を示す「暑さ …続き (18:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]