/

萩野が400個メの出場断念 東京五輪、登録取りやめ

競泳の萩野公介(ブリヂストン)が、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した男子400メートル個人メドレーの東京五輪出場を断念したことが19日、分かった。東京五輪代表選考会を兼ねる日本選手権(4月3~10日・東京アクアティクスセンター)の同種目へのエントリーを取りやめた。

萩野は当初、日本選手権で同種目を含む5種目に登録していたが、リオ五輪銀メダルの200メートル個人メドレー、200メートル自由形、200メートル背泳ぎの3種目に絞って出場することになった。

萩野はリオ五輪後不調が続き、19年に休養。400メートル個人メドレーは体力面、精神面で負担が大きく、16日に取材に応じた際には「強い思い入れはあるが、生半可な気持ちでは戦えない種目」と語っていた。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン