/

レスリング高谷、3大会連続で五輪代表に 高橋侑はPOへ

レスリングの東京五輪世界最終予選は7日、ソフィアで行われ、男子フリースタイルで前日に五輪出場枠獲得を決めていた86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)と57キロ級の高橋侑希(山梨学院大職)はともに決勝で相手が棄権して1位となった。日本協会の選考基準で高谷は3大会連続の五輪代表に決定し、高橋侑は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(ミキハウス)と国内のプレーオフで代表を争う。

レスリングの東京五輪世界最終予選で1位になり、メダルを手にする男子フリー86キロ級の高谷惣亮(左)と57キロ級の高橋侑希(7日、ソフィア)=日本レスリング協会提供・共同

前日に32歳の高谷はいずれも欧州勢と対戦した4試合に勝ち、17年世界選手権王者で27歳の高橋侑は全て無失点で3試合を制して決勝進出を決め、五輪枠獲得の2位以内を確定させた。

125キロ級の山本泰輝(自衛隊)は1回戦を勝ったが、背中を痛めて2回戦を棄権。97キロ級の山口剛(新日本プロレス職)は初戦で敗退した。

フリーの日本勢は既に代表に決まっている74キロ級の乙黒圭祐、65キロ級の乙黒拓斗(ともに自衛隊)の兄弟を合わせ、6階級のうち4階級で五輪出場となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン