/

空手PL、佐合が東京五輪代表確定 篠原は初戦負け

(更新)

空手の東京五輪日本代表最終選考会となるプレミアリーグ・リスボン大会は30日、リスボンで開幕し、組手男子60キロ級に出場した佐合尚人(高栄警備保障)が全日本空手道連盟の選考基準を満たし、統合階級で実施される五輪の67キロ級の代表に確定した。

組手男子で対戦選手を攻める60キロ級の佐合尚人=左(30日、リスボン)=全日本空手道連盟提供・共同

佐合は準々決勝でエジプト選手に0-5で完敗し敗退したが、代表の座を争っていた篠原浩人(マルホウ)が67キロ級で初戦敗退したため、世界空手連盟(WKF)の五輪ランキングで上回ることが決まった。

今大会の結果を受けたWKFの五輪ランキング上位者が日本代表に決定。既に組手女子55キロ級代表に決まっている宮原美穂(帝京大職)は同50キロ級3回戦で敗れ、敗者復活戦から3位決定戦(5月2日)に進んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン