/

アルペン大回転、加藤聖五18位と健闘 世界選手権

【ベルリン=共同】アルペンスキーの世界選手権は19日、イタリアのコルティナダンペッツォで男子大回転が行われ、22歳で初出場の加藤聖五(野沢温泉ク)が合計タイム2分41秒58で18位と健闘した。1回目に26位につけ、2回目は9番目の好タイムで大きく順位を上げた。全日本スキー連盟によると同種目のトップ20は、1985年大会で20位だった岡部哲也以来。

男子大回転で18位と健闘した加藤聖五の滑り(19日、コルティナダンペッツォ)=ロイター

マチュー・フェーブル(フランス)が合計2分37秒25で、16日のパラレルに続いて今大会2個目の金メダル。ルカ・デアリプランディーニ(イタリア)が2位、15日のアルペン複合覇者のマルコ・シュワルツ(オーストリア)が3位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン