/

ラグビーW杯、日本の初戦は米大陸第2代表と 23年仏大会

【パリ=共同】ラグビーの2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会の試合日程と会場が26日に発表され、世界ランキング10位で前回大会に続くベスト8進出が期待される日本代表は、1次リーグD組の初戦で、米大陸予選第2代表と9月10日にトゥールーズで対戦することが決まった。

大会は9月8日に開幕。日本は世界3位のイングランドとは17日の第2戦(ニース)で戦う。オセアニア予選勝者とは28日の第3戦(トゥールーズ)で、世界9位のアルゼンチンとは10月8日の第4戦(ナント)で顔を合わせる。各組2位までが決勝トーナメントに進む。決勝は10月28日。

19年日本大会で日本は1次リーグ4戦全勝で初の8強入りを果たした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン