/

体操男子、個人枠はポイント上位が代表に 東京五輪

日本体操協会は12日、オンラインで開いた常務理事会で東京五輪の体操男子代表選考基準を承認した。種目別のスペシャリストで争われる個人枠(最大2枠)の選出については種目ごとに独自の基準得点を段階的に設定し、6月の全日本種目別選手権(高崎アリーナ)までの国内選考会で基準をクリアすれば、与えられるポイントの多い選手が代表となる。

個人総合で五輪2連覇の内村航平は種目別鉄棒に絞り、4大会連続出場を目指している。

4人で編成する団体総合メンバーは5月に個人総合で争われるワールドカップ(W杯)東京大会(有明体操競技場)とNHK杯(高崎アリーナ)でそれぞれ1人決定。残る2人はNHK杯5位以内などを条件に、チームを組んだときに得点が最大になる選手を選ぶ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン