/

新体操、五輪代表基準を変更 皆川・大岩・喜田で選考会

日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開き、新型コロナウイルスの影響による東京五輪延期を受け、新体操個人の五輪代表選考基準を変更することを決めた。昨年の世界選手権で獲得した1つ目の五輪出場枠については皆川夏穂、大岩千未来(ともにイオン)、喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)の3人の選考会で最上位を代表に決める。

2つ目の出場枠が懸かるワールドカップ(W杯)シリーズへの派遣がコロナ禍で不透明になっていることなどが変更理由。選考会の開催時期は未定という。

新体操団体は杉本早裕吏(トヨタ自動車)らが来年も代表候補となった。

また、体操で男子の水鳥寿思、女子の田中光、トランポリンで男子の中田大輔、女子の丸山章子、新体操の山崎浩子の各強化本部長は来夏の五輪後まで任期延長となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン