/

東京五輪で柔道混合団体 全339種目、卓球混合複も

【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は9日、スイスのローザンヌで臨時理事会を開き、2020年東京五輪の新種目に、日本のメダル獲得が有望な柔道混合団体や卓球混合ダブルスを選んだ。若者に人気のバスケットボール3人制も初採用が決まった。

昨年のリオデジャネイロ五輪で実施した28競技では、306種目から321種目に増えた。別枠扱いの追加種目を含めると339種目。このうち男女混合種目は18種目で、リオ五輪から倍増した。IOCのマコネル競技部長は「若者、都会にフォーカスした種目が入り、男女平等に向けても大きな一歩だ」と強調した。

柔道の混合団体は男女3人ずつで実施。日本勢がリオ五輪で過去最多のメダル12個を獲得した競技だけに大きな期待がかかる。卓球の混合ダブルスは先の世界選手権個人戦で吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)と石川佳純選手(全農)のペアが金メダルに輝いた。トライアスロンの混合リレーも入った。

IOCは五輪改革で男女混合種目の導入や男女の種目数の同数化を推進している。各競技の国際連盟(IF)の提案を5月のプログラム委員会で精査し、絞り込んだ。

IOCは夏季五輪の上限を約310種目に設定。開催都市の提案を受けて追加種目に決まった野球・ソフトボールや空手など5競技18種目は別枠扱いとしているが、追加種目を除いた種目数は321と上限を超えた。

臨時理事会では、24年夏季五輪招致を争う米ロサンゼルスとパリを24年と28年の2大会に振り分け、同時決定する作業部会の提案を承認した。全IOC委員を集めた7月の会議で正式承認されれば、振り分けは9月の総会(リマ)で決まる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン