/

22年北京五輪、今季はスキーのテスト大会中止 コロナで

【ベルリン=共同】国際スキー連盟(FIS)は4日、新型コロナウイルスの影響で、2022年北京冬季五輪に向けた今季のテスト大会を全て中止すると発表した。五輪の1シーズン前に本番を想定した運営などを確認する国際大会が行われない異例の事態となった。

スノーボードとフリースタイルの世界選手権(来年2月18~28日・張家口)が取りやめになったほか、アルペン女子やノルディックのジャンプ、複合男子、距離のワールドカップ(W杯)なども実施しない。中国以外での代替開催を模索する。

感染症対策で中国は入国後に14日間の隔離措置を義務付けており、FISは国際大会を開催するのが難しいと判断した。中国選手のみが参加するテスト大会は実施する。

国際スケート連盟はフィギュアのグランプリ(GP)ファイナルやスピードの世界選手権などの北京開催を断念。世界カーリング連盟も世界ジュニア選手権を中止した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン