高校野球

鳥取は倉吉東、大分は津久見が優勝 高校野球の代替大会

2020/7/31 21:00
保存
共有
印刷
その他

高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて各高野連が独自に開催する代替大会が31日、各地で行われ、鳥取の決勝では、倉吉東が甲子園交流試合に出場する鳥取城北を7-5で破って優勝した。

大分の決勝は津久見が大分舞鶴に2-1で競り勝った。大阪大会は雨天中止の試合が多く出たため、準決勝までで打ち切りとなることが決まった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

優勝旗を返還する履正社の関本勇輔主将(19日午後、甲子園球場)=共同

 昨夏の第101回全国高校野球選手権大会で初優勝した履正社高(大阪)による優勝旗返還式が19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で実施された。例年は夏の甲子園大会の開会式で前年優勝校が返還するが、今夏は新型コ …続き (19日 18:12)

ごとう・まさはる 1946年京都市生まれ。京大農卒。「空白の軌跡」など医療をテーマにした著作のほかに、「遠いリング」「リターンマッチ」「スカウト」「ベラ・チャスラフスカ 最も美しく」などスポーツに関する著書も多数。

 ■ボクシングやラグビーなどスポーツに関する著書が多い京都市出身のノンフィクション作家、後藤正治さん(73)。医科学を皮切りに文筆の道に進み、スポーツに傾倒していったきっかけにある個性派選手との出会い …続き (16日 2:01)

 日本高野連は9日、大阪市内で来年の甲子園大会の運営委員会を開き、春の第93回選抜高校野球大会が3月19日、夏の第103回全国高校野球選手権大会を東京五輪閉幕の翌日となる8月9日を開幕日とする日程を決 …続き (9日 19:28更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]