スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

女子70キロ級で新井が金 世界柔道、78キロ級梅木は連覇逃す

2017/9/2 1:51
保存
共有
印刷
その他

【ブダペスト=共同】柔道の世界選手権第5日は1日、ブダペストで男女計3階級が行われ、女子70キロ級は新井千鶴(三井住友海上)が初優勝した。準決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのジュリ・アルベアル(コロンビア)、決勝はマリア・ペレス(プエルトリコ)を破った。同級を日本選手が制するのは2003年の上野雅恵以来。

女子78キロ級では梅木真美(ALSOK)が決勝でマイラ・アギアル(ブラジル)に延長の末に優勢負けし銀メダルだった。1回戦から3試合を一本勝ちし、準決勝はマリンド・フェルケルク(オランダ)に勝って決勝に進んだが、2連覇を逃した。初めて進んだ準決勝でアギアルに敗れた佐藤瑠香(コマツ)は3位決定戦も負けて銅メダルを逃した。

男子90キロ級はネマニャ・マイドフ(セルビア)が優勝。日本選手は出場していない。日本勢は第3日までの男女6階級で5階級を制覇。全階級で計8個のメダルを獲得していたが、第4日で連続メダルが途切れていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 全日本柔道連盟(全柔連)は15日、男子73キロ級で今夏に3度目の世界選手権制覇を果たした大野将平(27)=旭化成=が東京五輪代表選考会の一つ、グランドスラム(GS)大阪大会(22~24日・丸善インテ …続き (14:01)

西村はリーチの長い上段蹴りを武器に勝利を重ねてきた。

 東京五輪で新競技となる空手。強豪ぞろいの日本代表の中でも、金メダルに最も近い一人と目されるのが組手男子75キロ級の西村拳(チャンプ)だ。長いリーチから放たれる上段蹴りに、「空手界のプリンス」と称され …続き (14日 17:30)

 世界ボクシング機構(WBO)ヘビー級6位のダニエル・デュボワ(英国)と12月21日にロンドンで対戦する世界ボクシング協会(WBA)同級12位の藤本京太郎(角海老宝石)は13日、東京都内で記者会見し「 …続き (13日 18:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]