プロ野球

元阪神の片岡篤史氏「苦しかった」 新型コロナから退院

2020/4/24 22:05
保存
共有
印刷
その他

プロ野球日本ハムと阪神で活躍し、新型コロナウイルス感染で入院していた片岡篤史氏(50)が24日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で退院を明らかにした。「皆さま、ご心配をお掛けしました」と切り出し「きょう、2回目のPCR検査の陰性結果が出まして、退院できることになりました」と報告した。

片岡氏は14日の投稿で新型コロナウイルスに感染し、8日から入院したことを明かしていた。24日の動画では、ほっとした様子で「本当に苦しかった」と率直に心境を吐露。「コロナウイルスという恐怖の最前線で、本当に病院関係者の皆さま、看護師の皆さまが闘ってくださって、きょう退院できることになりました」と医療従事者へ感謝を述べた。

京都府出身の片岡氏は大阪・PL学園高時代に甲子園大会で春夏連覇を達成し、同志社大を経て1992年にドラフト2位で日本ハムに入団。左の強打者として活躍し、フリーエージェント移籍した阪神で2002年からプレーした。06年限りで現役を退くまでに通算1569試合に出場し、打率2割7分、164本塁打、717打点。引退後は阪神のヘッド兼打撃コーチなどを務めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

通算1500安打をマークし、記念のボードを手に一礼するヤクルト・坂口(19日、甲子園)=共同

【阪神1―1ヤクルト】阪神が追い付いて、引き分けた。ヤクルトは四回に、坂口が通算1500安打となる左翼線への適時打で1点を先制した。阪神は五回に、代打糸原の左前打で同点とした。その後は両チームともに、 …続き (19日 21:34)

巨人の岩隈久志投手=共同

 プロ野球巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。2017年に右肩の手術を受け、19年に巨人で日本球界に復帰したが、これまで1軍での登板はな …続き (19日 15:48)

七回無死、右中間に逆転満塁本塁打を放つDeNA・梶谷=共同

 敗色濃厚の七回に3点差まで追い上げ、なお無死満塁の絶好機。「ちょっと緊張していた。少し不安もあった」と打席に入ったDeNA・梶谷だが、押せ押せの雰囲気に乗せられるように豪快にバットを振り切った。右中 …続き (18日 20:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]