2019年8月26日(月)

その他スポーツ

小林陵2位、今季表彰台20度目 スキーW杯ジャンプ

2019/3/23 1:01
保存
共有
印刷
その他

【プラニツァ(スロベニア)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第27戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、既に個人総合優勝を決めている22歳の小林陵侑(土屋ホーム)が242メートル、220メートルの合計438.1点で2位となり、今季20度目の表彰台に立った。国際スキー連盟によると、シーズン20度の表彰台は史上2位に並ぶ。

2位に入った小林陵侑(22日、プラニツァ)=共同

2位に入った小林陵侑(22日、プラニツァ)=共同

マルクス・アイゼンビヒラー(ドイツ)が445.0点でW杯初優勝を果たした。46歳の葛西紀明(土屋ホーム)は19位で、雪印メグミルク勢は小林潤志郎が13位、佐藤幸椰が24位、伊東大貴が27位。中村直幹(東海大)は28位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子ダブルスで銀メダルを獲得した保木(右)、小林組(25日、バーゼル)=共同

 【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行) …続き (1:49)

 卓球のワールドツアー、チェコ・オープンは25日、チェコのオロモウツで行われ、女子シングルス決勝で平野美宇(日本生命)は陳幸同(中国)に3―4で競り負けた。平野は準決勝では石川佳純(全農)を下した。〔 …続き (1:46)

バドミントンの世界選手権男子シングルスで優勝し笑顔の桃田賢斗。日本勢初となる2連覇を達成した=共同

 コートの隅々まで支配するかのような、王者のバドミントンだった。準決勝まで全てストレート勝ちした桃田は、決勝も9点、3点しか与えず圧勝。最後は相手の強打に飛びつきライン際に返すおしゃれなショットで観客 …続き (0:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。