/

レスリング向田が2位 アジア選手権、川井姉妹は決勝へ

【ニューデリー=共同】レスリングのアジア選手権第4日は21日、ニューデリーで女子の5階級が行われ、いずれも東京五輪代表で57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)と62キロ級の川井友香子(至学館大)の姉妹が決勝に進出し、53キロ級の向田真優(至学館大)が2位だった。

女子53キロ級決勝 カザフスタン選手(上)にフォール負けした向田真優(21日、ニューデリー)=共同

昨年の世界選手権3位の川井友は初戦で世界女王のアイスルー・ティニベコワ(キルギス)を破り、準決勝でインド選手を下した。2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの川井梨は2試合を無失点で勝った。昨年の世界2位の向田は2試合を勝ったが、決勝でカザフスタン選手にフォール負けした。

65キロ級の類家直美(至学館大)と72キロ級の進藤芽伊(日体大)も3試合を勝って決勝に進んだ。

22日に男子フリースタイルが始まり、65キロ級で五輪代表の乙黒拓斗(山梨学院大)、57キロ級で高橋侑希(ALSOK)が登場する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン