その他スポーツ

橋岡・城山、日本勢22年ぶりの決勝へ 世界陸上の走り幅跳び

2019/9/27 23:51
保存
共有
印刷
その他

【ドーハ=共同】陸上の第17回世界選手権は27日、ドーハのハリファ国際競技場で開幕し、男子走り幅跳び予選で橋岡優輝(日大)と城山正太郎(ゼンリン)が上位12人に入り、同種目で日本勢22年ぶりの決勝進出を果たした。2人同時は初めて。橋岡は全体3位の8メートル07、城山は8位の7メートル94を跳んだ。津波響樹(東洋大)は7メートル72で敗退。

男子走り幅跳び予選に出場した城山正太郎(27日、ドーハ)=共同

男子走り幅跳び予選に出場した城山正太郎(27日、ドーハ)=共同

男子100メートル予選で20歳のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は6組、桐生祥秀(日本生命)は4組、小池祐貴(住友電工)は5組で登場する。

10日間の大会には200余りの国・地域から約2000人の選手がエントリー。日本は男女計59選手のチームを編成し、東京五輪の試金石となる舞台に挑む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 男子テニスのケルン選手権は22日、ドイツのケルンで行われ、シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)は第7シードのヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)に2―6、6―3、7―6で逆転勝ちして8強入りした。 …続き (10:17)

 【ロサンゼルス=共同】米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズは22日、公式ツイッターで主力ジョン・ウォールがファンからの質問に答える映像を公開した。左アキレス腱の断裂で今季全休の司 …続き (9:17)

ISLはエンターテインメント性が強い、競泳としては画期的な大会だ (C)ISL

 2019年に発足した国際水泳リーグ(ISL)の第2シーズンが16日、ハンガリー・ブダペストで開幕した。今年は北島康介氏がゼネラルマネジャー(GM)を務めるチーム「東京フロッグキングス」が初参戦し、1 …続き (3:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]