/

内村航平、鉄棒1位通過 全日本体操

体操で個人総合と種目別の日本一を決める全日本選手権第2日は11日、群馬県の高崎アリーナで男子予選が行われ、種目別の鉄棒は東京五輪代表を目指す内村航平(リンガーハット)がH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を決めるほぼ完璧な内容の演技で15.533点をマークし、トップで13日の決勝に進んだ。最高I難度の離れ技「ミヤチ」を持つ宮地秀享(茗渓ク)は敗退した。

男子予選、鉄棒の演技でH難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を決める内村航平(11日、高崎アリーナ)=共同

床運動は南一輝(仙台大)が15.333点で1位通過した。

6種目による個人総合は初優勝を狙う萱和磨(セントラルスポーツ)が合計86.899点で首位に立ち、谷川航(セントラルスポーツ)が0.468点差で2位につけた。3連覇が懸かる弟の谷川翔は4位、橋本大輝(以上順大)は9位と出遅れ、ともにあん馬の落下が響いた。

新型コロナウイルス感染対策として男女別に日を分け、12日に女子決勝を実施。決勝で個人総合は予選の得点との合計、種目別は決勝のみの得点で争われる。

当初は4月に個人総合の全日本選手権、6月に全日本種目別選手権を予定したが、コロナ禍で延期。今年は一つの大会の中でそれぞれのタイトルを争う形式になった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン