最新ニュース

フォローする

ブラジル、コスタリカ下す コウチーニョとネイマールが得点

2018/6/22 23:46
保存
共有
印刷
その他

後半、2点目のゴールを決め喜ぶブラジルのネイマール(左)=沢井慎也撮影

後半、2点目のゴールを決め喜ぶブラジルのネイマール(左)=沢井慎也撮影

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でブラジル―コスタリカが対戦した。ブラジルが後半ロスタイムの2得点で勝利をつかんだ。圧倒的にボールを保持して攻めながらゴールが遠かったが、左クロスの折り返しをコウチーニョが押し込んで先制。さらに、終了間際にはドウグラスコスタのパスをネイマールが蹴り込んで加点した。

コスタリカは組織的な守備で対抗し、GKナバスは再三、決定的なピンチを防いだが及ばなかった。狙った速攻で好機をつくる場面は少なく、前半にボルヘスが放ったシュートは枠を捉えられなかった。〔共同〕

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]