/

オリックス、西村徳文氏の監督就任を発表

記者会見するプロ野球オリックスの福良淳一監督(5日、京セラドーム)=共同

プロ野球オリックスは5日、新監督に西村徳文ヘッドコーチ(58)が昇格して就任すると発表した。ロッテ監督時代の2010年に日本一に導いた実績や、今季限りで辞任する福良淳一監督(58)の参謀役として戦力を熟知することが評価された。11日に大阪市内で就任記者会見に臨む。

米大リーグでも活躍した田口壮2軍監督(49)は1軍指導陣に加わる見込み。長村裕之球団本部長(59)は「3年間2軍で育成をしてもらい、今度は1軍で勝負の世界を経験してもらいたいとの思いはある」と話した。

福良監督は同日に大阪市の京セラドーム大阪で記者会見し、4位に終わった監督就任3年目を「またBクラスでファンの人たちには申し訳ない」と陳謝。次期監督には「やりたいようにやってもらえれば」と期待した。

西村氏は宮崎・福島高―鹿児島鉄道管理局を経て1982年にロッテ入団。86年から4年連続盗塁王、90年は首位打者に輝いた。ロッテ監督1年目の2010年はレギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、中日との日本シリーズを制した。オリックスでは16年シーズンからヘッドコーチ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン