/

ザギトワ、ロシアの強化指定選手に 19年末に競技休止表明

【モスクワ=共同】ロシア・フィギュアスケート連盟は15日、2020~21年シーズンの強化指定選手を決め、女子では18年平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワが入った。17歳のザギトワは昨年12月に競技休止を表明したが、事実上の引退宣言とも受け止められたため「引退は考えていない」と明言していた。

スポーツメディアは復帰宣言は近いと報じているが、タス通信によると同連盟のゴルシコフ会長は「アリーナからは新シーズンの予定は聞いていない」と話している。

強化指定選手には昨年にシニアデビューしたアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワの3人や、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワも選ばれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン