/

ソフトバンク和田、1億5000万円で更改 2年契約に笑顔

ソフトバンクの和田毅投手が25日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、5千万円増の年俸1億5千万円プラス出来高払いでの2年契約を結んだ。来年2月に40歳となるベテランには異例といえる複数年契約に「球団からもあと2年は戦力として計算していると、うれしい評価をしてもらった」と頬を緩めた。

今季は先発枠の一角を守って8勝を挙げ、リーグ優勝奪還と4年連続日本一に貢献。完全復活を印象づけた。「複数年をもらったが、甘んじることなく頑張りたい。一年一年が勝負」と気を引き締めた。

正捕手としてリーグトップの防御率の投手陣をリードした甲斐拓也捕手は5500万円増の1億6500万円。「捕手としてすごく評価してくれた」と笑顔を見せた。

4年連続50試合登板の嘉弥真新也投手は3千万円増の1億4千万円プラス出来高、7試合の登板にとどまった武田翔太投手は減額制限いっぱいの2千万円減の6千万円でサインした。(金額は推定)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン