/

スケート織田監督退任、関西大「深く反省」と文書

フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表の織田信成氏(32)が関西大アイススケート部監督を退任し、その理由などで大学側と主張が食い違っていたことについて、関西大は4日、公式サイトに芝井敬司学長名で「一連の出来事について、慎重に対応してきたつもりですが、結果として織田信成さんの心情を十分に斟酌できず、事態を適切に収拾できなかったことを深く反省しています」などと記した文書を掲載した。

関西大は9月9日の退任発表時に、織田氏が「(多忙で)監督としての時間が十分に取れない」と申し出たと説明していた。これに対し、織田氏は同30日までに自身のブログで、リンク内で嫌がらせなどを受け、今春から体調を崩してリンクに行くことができなくなったことが理由と主張していた。

関西大は掲載文書で「今後とも、誠意をもって対話を続けたいと思います」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン