/

サッカー日本代表、バンコク到着 6日にタイ戦

【バンコク=共同】サッカーの日本代表は2日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組第2戦のタイ戦が行われるバンコクに到着した。空港ロビーではファンや地元報道陣に囲まれ、ハリルホジッチ監督が握手に応じるなどしたが、本田(ACミラン)ら選手はやや疲れた表情でバスに乗り込んだ。3日から現地で調整し、試合は6日午後7時15分(日本時間同9時15分)にキックオフ。

1日にホームでアラブ首長国連邦(UAE)に1-2で逆転負けし、W杯が出場32チームとなった1998年大会以降の最終予選で初めて黒星発進となった。W杯初出場を目指すタイは、アウェーでサウジアラビアに0-1で敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン