/

新谷が女性1万で五輪内定 陸上日本選手権、日本新でV

陸上の日本選手権長距離種目は4日、東京五輪代表選考会を兼ねて大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、1万メートルは女子で32歳の新谷仁美(積水化学)、男子で23歳の相沢晃(旭化成)が日本新記録で優勝して代表に決まった。女子5000メートルで21歳の田中希実(豊田自動織機TC)も五輪切符を手にした。

女子1万メートルを日本新記録で制し、メダルを手に笑顔を見せる新谷仁美(4日、ヤンマースタジアム長居)=共同

新谷は30分20秒44で、2002年の渋井陽子の記録を28秒45縮めた。7年ぶり2度目の制覇で、12年ロンドン五輪以来の代表入り。五輪マラソン代表の一山麻緒(ワコール)が31分11秒56で2位だった。

相沢は27分18秒75で、15年の村山紘太の記録を10秒94更新した。2位の伊藤達彦(ホンダ)は27分25秒73で五輪の参加標準記録を突破。マラソン代表の大迫傑(ナイキ)は6位だった。

田中は15分5秒65で初優勝し、広中璃梨佳(日本郵政グループ)が2位。

男子5000メートルは坂東悠汰(富士通)が13分18秒49で初優勝。3位の吉居大和(中大)は13分25秒87で自身の持つU20(20歳未満)日本記録を更新した。3000メートル障害の男子は山口浩勢(愛三工業)が8分24秒19、女子は石沢ゆかり(エディオン)が9分48秒76で制した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン