サッカー

バルサ、メッシなど選手の給与削減 新型コロナで

2020/3/27 22:59
保存
共有
印刷
その他

サッカー、スペイン1部リーグのバルセロナは26日、新型コロナウイルス感染拡大による経済的な打撃を最小限に抑えるため、選手給与を削減する方針を明らかにした。同クラブにはアルゼンチン代表FWのメッシなど高額年俸選手が数多く在籍している。

14日に国が非常事態宣言を出して以来、クラブは全ての活動を停止しており、給与削減は労働日数の短縮によるものという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

クラブも徐々に練習を再開している(28日のJ1鹿島の練習)(C)KASHIMA ANTLERS

 サッカーがしたくてうずうずしていた選手らは、ようやくトンネルの出口が見えてきた心地だろう。ただ、新型コロナと共存しながらの再開は従来と異質のもの。前例のない困難も待ち受ける。

関連記事
・サッカーJ1、 …続き (29日 21:50)

クラブ代表者による臨時実行委員会後、オンラインで記者会見するJリーグの村井満チェアマン=共同


 Jリーグは29日、オンラインで臨時実行委員会を開き、新型コロナウイルスの影響で中断していたJ1を7月4日に再開すると決めた。J2の再開、J3の開幕はともに6月27日とする。開催に際し、全選手にPCR …続き (29日 21:33更新)

 サッカーのスペイン2部リーグ、ウエスカは28日までにリーグ戦の再開へ準備を進める元日本代表FW岡崎慎司のインタビューを公開した。岡崎は「10点以上は取りたい。今8点なので、あと5点取れれば。でも大事 …続き (29日 8:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]