/

羽生、世界最高点で首位 四大陸フィギュアSP

【ソウル=共同】フィギュアスケートの四大陸選手権第2日は7日、ソウルで行われ、男子ショートプログラム(SP)は初優勝を目指す羽生結弦(ANA)が2種類の4回転など全てのジャンプを決め、自身の世界最高を塗り替える111.82点で首位に立った。

男子SP 演技する羽生結弦(7日、ソウル)=共同

2018年大会覇者の金博洋(中国)が95.83点で2位につけ、冬季ユース五輪王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が91.61点で5位、友野一希(同大)が88.22点で7位となった。

アイスダンスはリズムダンス(RD)11位の小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組がフリー10位の合計157.20点で11位、深瀬理香子(大東大)張睿中(カナダ)組が143.94点で13位。マディソン・チョック、エバン・ベーツ組(米国)が213.18点で2連覇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン