/

フィギュア樋口、3回転半挑戦へ ジャパンOP前日練習

フィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンの前日練習が2日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子で2018年世界選手権2位の樋口新葉(明大)は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の挑戦について「しっかり試合で降りられるように、という目標で頑張っているので達成したい」と意気込んだ。

ジャパン・オープンの前日練習で調整する樋口新葉(2日、さいたまスーパーアリーナ)=共同・代表撮影

樋口はフリーの曲を流し、動きを確認。3回転半には挑まず、3回転のルッツやフリップを軽やかにこなした。昨季と同じ演目で臨むが「動きを大きくした」と手直ししてきたという。

男子の日野龍樹(中京大)は今季か来季で引退する意向を示し「疲弊ですかね。体の限界も割と見えてきた」と話した。

例年は日本、北米、欧州によるチーム対抗戦だが、今年は新型コロナウイルスの影響で日本勢が2チームに分かれ、フリーを演技して勝負する。女子の川畑和愛(早大)、男子の山本草太(中京大)らも出場する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン