/

羽生結弦、2部門でノミネート 新設のISUアワード

【ジュネーブ=共同】国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアで新設した「ISUスケーティング・アワード」の最終候補者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が「最優秀選手賞」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされた。

ともに世界選手権を制した女子の安藤美姫さんや男子のトッド・エルドリッジさん(米国)ら審査員が最終選考し、7月11日に受賞者が発表される。

最優秀選手賞は男子で世界王者のネーサン・チェン(米国)、ベストコスチュームは女子のアンナ・シェルバコワ(ロシア)らとの争い。計7部門の表彰は3月に行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大による同月の世界選手権(モントリオール)中止に伴い、延期となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン