/

ロッテ沢村らがFA権行使 申請終了、6日から交渉

プロ野球のフリーエージェント(FA)権行使の申請期間が4日で終了し、有資格者97選手のうち、海外FA権で米大リーグ移籍を目指すロッテの沢村拓一投手らが手続きを行った。5日にFA宣言選手として公示され、6日から全ての球団と交渉可能になる。

ヤクルトの小川泰弘投手、DeNAの梶谷隆幸外野手と井納翔一投手、ロッテの松永昂大投手は国内FA権の行使を表明した。ヤクルトの山田哲人内野手、中日の大野雄大投手、広島の田中広輔内野手は国内FA権を行使せず残留した。

西武の増田達至投手、熊代聖人外野手は国内FA権を行使した上での残留を決めた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン