/

卓球・伊藤、女子単で4強 グランドファイナル

【鄭州(中国)=共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第2日は13日、中国の鄭州で行われ、シングルスの男子1回戦で水谷隼(木下グループ)がウーゴ・カルデラノ(ブラジル)に1-4で敗れた。東京五輪のシングルス日本代表争いは、世界ランキングのポイントで水谷を上回る丹羽孝希(スヴェンソン)が日本勢2位に決まり、代表入りを確実にした。

女子シングルス準々決勝 プレーする伊藤美誠(13日、鄭州)=共同

日本協会はシングルス代表について、男女とも来年1月の世界ランキングで日本の上位2選手を選ぶとしている。

張本智和(木下グループ)は1回戦でパトリック・フランツィスカ(ドイツ)に4-0で快勝したが、準々決勝で世界1位の許●(日へんに斤)(中国)に3-4で敗れた。女子は伊藤美誠(スターツ)が1回戦で鄭怡静(台湾)に4-3で競り勝ち、準々決勝では佐藤瞳(ミキハウス)を4-0のストレートで下して4強入りした。

ダブルス準決勝は女子の木原美悠、長崎美柚組(エリートアカデミー)が世界選手権を制した孫穎莎、王曼昱組(中国)に3-2で競り勝って決勝進出。混合も水谷、伊藤組が香港ペアにストレート勝ちして決勝に進んだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン