/

ウルグアイ辛勝、エジプトのサラーは出場せず サッカーW杯

サッカー・ワールドカップ(W杯)第2日(15日・エカテリンブルクほか)1次リーグA組は過去2度の優勝を誇るウルグアイが7大会ぶり出場のエジプトに1-0で辛勝した。ウルグアイは試合終了間際にDFヒメネスがセットプレーから決勝点を挙げた。左肩を痛めているエジプトのサラー(リバプール)は出場しなかった。

B組のイランはモロッコと対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン