/

マラソン代表の鈴木、名古屋ウィメンズ欠場 五輪ぶっつけも

名古屋ウィメンズマラソン(14日・バンテリンドームナゴヤ発着)の主催者は5日、東京五輪女子マラソン代表で招待選手の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が欠場すると発表した。左脚外側大腿二頭筋腱(けん)の炎症のため。所属先によると2月中旬に痛みが出たという。

29歳の鈴木は2019年9月の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で2位となって代表に決定した。その後は相次ぐ脚の故障に悩まされ、マラソンは走っていない。

出場すれば約1年半ぶりで貴重な実戦機会でもあった名古屋を逃し、今夏の五輪がぶっつけ本番になる可能性も出てきた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン