/

今井が100個メドレーで銀 競泳の世界短水路

女子100メートル個人メドレー決勝で2位となった今井月のバタフライ(14日、杭州)=共同

【杭州=共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権第4日は14日、中国の杭州で行われ、女子100メートル個人メドレーで今井月(愛知・豊川高)が57秒85で銀メダルを獲得した。カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が57秒26で優勝し、大本里佳(イトマンSS)は8位だった。

男子100メートル個人メドレーの藤森太将(木下グループ)は51秒53で3位に入り、200メートル個人メドレーに続いて表彰台に立った。

男子200メートルリレーで日本の第1泳者を務めた中村克(イトマン東進)が21秒16で泳ぎ、50メートル自由形の短水路日本新記録をマークした。日本(中村、松井、川本、関)は6位だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン