/

宮原はSP6位、メドベージェワが首位 フィギュアのロシア杯

【モスクワ=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯第1日は15日、モスクワで行われ、女子ショートプログラム(SP)で第4戦の中国杯2位の宮原知子(関大)は冒頭のジャンプが0点となるミスが響き、63.09点で6位と出遅れた。2018年平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が76.93点で首位に立った。

女子SPで6位の宮原知子(15日、モスクワ)=共同

第2戦のスケートカナダでGP初出場優勝を果たした15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が74.21点で2位につけた。白岩優奈(関大KFSC)は60.57点で7位、GPデビューの横井ゆは菜(中京大)は56.51点で10位。

最終日の16日に男女フリーを実施する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン