スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

松ケ根親方がコロナ感染 症状なし、親方は2人目

2020/8/7 20:36
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46)=元幕内玉力道、本名安本栄来、東京都出身、二所ノ関部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子スカウトのために受けた6日のPCR検査で陽性が判明。ウイルス量は低値で発熱などの症状はなく、7日に東京都内の医療機関に入院した。

親方の感染は4月に判明した高田川親方(元関脇安芸乃島)以来2人目。角界では三段目力士だった勝武士さんが感染し、5月に死去した。

松ケ根親方は東京都墨田区の両国国技館で行われた大相撲7月場所で、主に館内警備を務めていた。相撲協会によると、場所中は二所ノ関部屋に通っていない。保健所の調査で協会員や館内、同部屋に濃厚接触者は確認されなかったという。同居する家族はPCR検査で陰性だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、再十両4人を発表した。新十両はいなかった。
 右膝の大けがで幕内から序二段まで落ちた業師の宇 …続き (12:23)

大関昇進の伝達を受け、記念撮影する正代(手前右から2人目)。1列目左から時津風親方のおかみさん、枝川親方、1人おいて鏡山親方。2列目左から4人目は父の巌さん。同5人目は母の理恵さん(30日、東京都墨田区の時津風部屋)=代表撮影

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一 …続き (11:45)

 大相撲の時津風親方(元幕内時津海)が急性すい炎のため、30日に予定されている弟子の関脇正代の大関昇進伝達式を欠席することになった。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が29日、明らかにした。 …続き (1:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]