/

マラソン川内「メダルが目標」 世界陸上代表が会見

【ロンドン=共同】陸上の世界選手権に出場するマラソンの日本代表が4日、開催地のロンドンで記者会見し、3度目の出場となる男子の川内優輝(埼玉県庁)は「メダルを目標に、少なくとも入賞を目指したい」と意気込んだ。

初出場の井上大仁(MHPS)は「順調にトレーニングをこなせた」と手応えをのぞかせ、ロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)も「過去の経験を生かして準備できた」と話した。

女子で23歳の安藤友香(スズキ浜松AC)は約3週間前に左足首に痛みを覚えたことを明かしながらも問題ないと強調し「前半から積極的に挑戦し、粘り強い走りをしたい」と表情を引き締めた。清田真央(スズキ浜松AC)は「(前半の位置取りは)後ろに下がらず、後半に備えたい」と展開を描いた。ロンドン五輪では70位台だった重友梨佐(天満屋)は「結果を残したい」と雪辱を期した。

マラソンは6日に行われ、男子は午前10時55分(日本時間午後6時55分)、女子は午後2時(同10時)にスタートする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン