/

フィギュア女子SPで三原舞依が首位 冬季ユニバ

【クラスノヤルスク(ロシア)=共同】ユニバーシアード冬季大会第7日は8日、ロシアのクラスノヤルスクで行われ、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)で日本選手団主将の三原舞依(シスメックス)が75.92点をマークし、首位に立った。竹野比奈(福岡大)は67.69点で3位につけた。

フィギュアスケートの女子SPで演技する三原舞依。首位に立った(8日、クラスノヤルスク)=共同

アルペンスキーの男子大回転で小山陽平(日体大)は4位に入った。ノルディックスキー距離の混合団体スプリントで宇田彬人(長田組)滝沢こずえ(フォーカスシステムズク)組は6位。

アイスホッケー女子の日本は1次リーグを3勝2敗で終え、準決勝に進出した。カーリング女子の日本は2勝7敗で1次リーグを終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン