/

なでしこ、男子大学生と合同練習 ゴールに迫れず

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は26日、鹿児島県霧島市での候補選手による強化合宿で鹿屋体大の男子選手と合同で練習し、攻守の戦術を確認した。選手を入れ替えながら行った試合形式の練習では、ゴールに迫る場面が少なく課題を残した。

東京五輪の聖火リレーのためにチームを離れていた鮫島(大宮)、高瀬(INAC神戸)も再合流した。左サイドバックを本職とする鮫島がセンターバックを務めたり、中盤右が主戦場の中島(INAC神戸)が守備的MFに入ったりするなど、五輪を見据えて複数のポジションで試される選手もいた。合宿は31日まで行われる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン