オリパラセレクト

フォローする

柔道マスターズ、鍋倉がV 新井・田代は3位

Tokyo2020
2019/12/13 23:55
保存
共有
印刷
その他

【青島(中国)=共同】東京五輪代表選考会の一つである柔道のマスターズ大会第2日は13日、中国の青島で男女計4階級が行われ、女子70キロ級で昨年まで2年連続世界一の新井千鶴(三井住友海上)、同63キロ級で世界選手権2年連続2位の田代未来(コマツ)はともに3位だった。

女子63キロ級決勝 フランスのクラリス・アグベニェヌ(左)を破り優勝した鍋倉那美(13日、青島)=共同

女子63キロ級決勝 フランスのクラリス・アグベニェヌ(左)を破り優勝した鍋倉那美(13日、青島)=共同

新井はオランダ選手、田代は優勝した鍋倉那美(三井住友海上)にいずれも準決勝で敗れ、3位決定戦で勝利。鍋倉は決勝で世界選手権3連覇のクラリス・アグベニェヌ(フランス)を延長戦の末に破った。63キロ級は土井雅子(JR東日本)も3位だった。

男子で73キロ級は元世界王者の橋本壮市(パーク24)が制覇。決勝はイスラエル選手が負傷で棄権した。66キロ級で五輪2大会銅メダルの海老沼匡(パーク24)は3位。81キロ級の藤原崇太郎(日体大)は初戦の2回戦で敗退した。女子70キロ級の大野陽子(コマツ)は1回戦、新添左季(自衛隊)は初戦の2回戦で敗退。

マスターズ大会は五輪、世界選手権に次ぐ格付け。原則として世界ランキング36位以内が出場する。

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 日本体操協会は17日の常務理事会で体操女子の東京五輪代表選考基準を決め、4人の団体総合メンバーのうち4月の個人総合の全日本選手権(武蔵野の森総合スポーツプラザ)の得点を持ち点にして争われる5月のNH …続き (1/17)

女子シングルス6回戦を突破した石川佳純(17日、丸善インテックアリーナ大阪)=共同共同

 卓球の全日本選手権第5日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、シングルスで女子の東京五輪代表勢は、3連覇を狙う伊藤美誠(スターツ)と石川佳純(全農)が5、6回戦に勝って準々決勝に進ん …続き (1/17)

福岡堅樹=共同共同

 日本ラグビー協会は17日、ワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表で活躍した福岡堅樹(パナソニック)が24日から7人制代表候補の活動に合流すると発表した。当面は練習生として加わり、東京五輪出場を目指 …続き (1/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]