2019年9月23日(月)

その他スポーツ

渡辺・東野組がメダル確定 世界バド、保木・小林組も準決勝へ

2019/8/24 1:30
保存
共有
印刷
その他

【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝が行われ、混合ダブルスで第3シードの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が第5シードのチャン・ペンスン、ゴー・リュウイン組(マレーシア)に2-1で逆転勝ちし、同種目の日本勢で初のメダル獲得を決めた。大会は3位決定戦がないため、表彰台が確定した。

混合ダブルス準々決勝 マレーシアのペアに勝利した渡辺(左)、東野組(23日、バーゼル)=共同

混合ダブルス準々決勝 マレーシアのペアに勝利した渡辺(左)、東野組(23日、バーゼル)=共同

男子シングルスで2連覇を目指す桃田賢斗(NTT東日本)は第14シードのリー・ジージア(マレーシア)を2-0で退けて2大会連続の表彰台を確保した。女子シングルスで第3シードの奥原希望(太陽ホールディングス)は昨年3位の何氷嬌(中国)に2-0で快勝し、優勝した2017年大会以来の表彰台。

女子ダブルスで17、18年大会準優勝の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)は第6シードの李紹希、申昇●(たまへんに贊)組(韓国)を2-1で下して3年連続のメダルとなったが、16年リオデジャネイロ五輪覇者の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は第7シードの杜●(たまへんに月)、李茵暉組(中国)に1-2で屈した。

男子ダブルスは保木卓朗、小林優吾組が昨年準優勝の園田啓悟、嘉村健士組(ともにトナミ運輸)を2-1で破って初の準決勝進出。日本勢は史上初めて全5種目での表彰台と、昨年の過去最多に並ぶ6個のメダル獲得を決めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 女子テニスの23日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は前週と変わらず4位だった。土居美咲(ミキハウス)は順位を8つ上げて75位、日比野菜緒(ブラス)は4つ落として91位。
 アシュリー …続き (12:11)

男子ストリートで2位に入った堀米雄斗の演技(22日、サンパウロ)=共同

 【サンパウロ=共同】スケートボード・ストリートで東京五輪予選対象大会の今季最終戦を兼ねた世界選手権最終日は22日、ブラジルのサンパウロで決勝が行われ、男子は堀米雄斗(XFLAG)が2位、女子は西村碧 …続き (9:53)

 セーリングの国別対抗戦、セール・グランプリ(GP)最終戦最終日は22日、フランスのマルセイユで行われ、日本はシーズン合計得点2位で上位2チームによるマッチレースに臨んだが、オーストラリアに敗れて総合 …続き (1:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。