その他スポーツ

渡辺・東野組がメダル確定 世界バド、保木・小林組も準決勝へ

2019/8/24 1:30
保存
共有
印刷
その他

【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝が行われ、混合ダブルスで第3シードの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が第5シードのチャン・ペンスン、ゴー・リュウイン組(マレーシア)に2-1で逆転勝ちし、同種目の日本勢で初のメダル獲得を決めた。大会は3位決定戦がないため、表彰台が確定した。

混合ダブルス準々決勝 マレーシアのペアに勝利した渡辺(左)、東野組(23日、バーゼル)=共同

混合ダブルス準々決勝 マレーシアのペアに勝利した渡辺(左)、東野組(23日、バーゼル)=共同

男子シングルスで2連覇を目指す桃田賢斗(NTT東日本)は第14シードのリー・ジージア(マレーシア)を2-0で退けて2大会連続の表彰台を確保した。女子シングルスで第3シードの奥原希望(太陽ホールディングス)は昨年3位の何氷嬌(中国)に2-0で快勝し、優勝した2017年大会以来の表彰台。

女子ダブルスで17、18年大会準優勝の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)は第6シードの李紹希、申昇●(たまへんに贊)組(韓国)を2-1で下して3年連続のメダルとなったが、16年リオデジャネイロ五輪覇者の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は第7シードの杜●(たまへんに月)、李茵暉組(中国)に1-2で屈した。

男子ダブルスは保木卓朗、小林優吾組が昨年準優勝の園田啓悟、嘉村健士組(ともにトナミ運輸)を2-1で破って初の準決勝進出。日本勢は史上初めて全5種目での表彰台と、昨年の過去最多に並ぶ6個のメダル獲得を決めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスの全仏オープン(27日開幕)のシングルス予選が23日、パリで行われ、女子1回戦で内藤祐希(亀田製菓)がアマンディーヌ・エス(フランス)を5―7、6―4、6―2で下し、2回戦に進んだ。
 男子の日 …続き (0:14)

高橋礼華さん(右)が村井知事(左)を表敬訪問した(23日、宮城県庁)

 バドミントン女子ダブルス金メダリストで現役を引退した高橋礼華さんが23日、中高生時代を過ごした宮城県を訪れ、村井嘉浩知事に引退を報告した。村井知事は「新たなステージに向かって活躍してもらいたい」とね …続き (23日 18:07)

記者会見する別府大分毎日マラソンの主催者ら(23日、大分県庁)=共同

 別府大分毎日マラソンの主催者は23日、来年2月7日に開催予定だった大会を、新型コロナウイルスの影響で2022年2月6日に延期すると発表した。1952年に始まった大会で、開催延期は初めて。

 9月10日 …続き (23日 16:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]