/

フェンシング代表選手がコロナ陽性 練習場の利用中止

日本フェンシング協会は20日、日本代表の選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。18日まで東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を利用しており、日本スポーツ振興センター(JSC)はNTCイーストにあるフェンシング専用練習場と大浴場の利用を20日から中止した。

日本協会の宮脇信介専務理事は「特定することで感染を責められるリスクがある」として、陽性となった選手の性別や氏名は明らかにしていない。陽性となった選手は19日に37度台の発熱や喉の痛みなどがあったためNTCに行かず、検査を受けていた。

他の選手やコーチは「特に異常は認められない状況」という。当該選手と同じ種目の代表メンバーらは20日から一定期間練習を取りやめ、自宅待機としている。濃厚接触者と認められる選手らがいた場合、PCR検査を受ける。宮脇専務理事は「感染者を出したことは残念ではあるが、被害を最小限にとどめたい」と述べた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン