スポーツ > 相撲 > 記事

相撲

相撲協会、16日から教習所で合同稽古 関取10人前後参加へ

新型コロナ
2020/10/9 20:11
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は9日、出稽古の希望者を対象に16日から22日まで東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古を実施すると発表した。十両以上の関取10人前後を含む20人余りが参加を希望しているという。

参加力士は新型コロナウイルスのPCR検査を期間中に2度受ける。3月の春場所後から禁止が続く出稽古の可能期間は5日から2週間の予定だったが、希望者の取りまとめや実施方式の調整が遅れ、16日から合同稽古という形で行うことになった。部屋を往来する出稽古の予定はない。

また、8日に八角理事長(元横綱北勝海)名で22日までの行動指針を通達し、外出は師匠の判断に基づき、外食は5人以内なら認めるとした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関貴景勝が1日、初めて綱とりに挑む初場所(来年1月10日初日・両国国技館)に向け、東京都台東区の常盤山部屋で本格始動した。報道陣の電話取材に応じ「一生懸命頑張 …続き (12/1)

大相撲11月場所をともに途中休場した正代、朝乃山の両大関が30日、報道陣の電話取材に応じ、初めてかど番で迎える初場所(来年1月10日初日・両国国技館)への意欲を語った。
新大関場所で左足首を負傷した正代 …続き (11/30)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)に「注意」を決議された横綱鶴竜の師匠、陸奥親方(元大関霧島)は26日、部屋の稽古が再開する来週に鶴竜と今後の稽古方針などについて話し合う意向を明かした。「 …続き (11/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]