/

オリックス、コミッショナーに提訴 誤審場面から試合続行を

オリックスは6日、誤審のあった6月22日のオリックス―ソフトバンク10回戦(ほっともっとフィールド神戸)について、プロ野球の斉藤惇コミッショナーに、誤審があった場面から試合を続行する裁定を求める提訴を行ったと発表した。

日本野球機構(NPB)によると、野球協約に1971年に明記された「提訴」がコミッショナー裁定に至れば、巨人で活躍した江川卓氏のプロ入り時の契約を巡る騒動が起きた78年以来、2例目となる。

大阪市内で記者会見したオリックスの湊通夫球団社長は、プロ野球の信頼確保のために試合続行は必要と主張。「審判員自らが試合終了直後に(本塁打ではなくファウルだったと)誤審と認めている以上、やり直すのが社会通念上、公平だ。(誤審の)救済が謝罪だけしかないというのはフェアではない」と話した。

野球規則は「審判員の判断に基づく裁定については、どのような提訴も許されない」と定めており、NPBは本塁打の裁定を最終判断とし、オリックスが求めている試合のやり直しを実施しないと回答。オリックスは今回、誤審と認めるしかないような映像で当初ファウルとした判定を覆したことを問題視し「審判員の判断そのものへの異議ではなく、リプレー検証制度の適用についての異議である」と説明した。

誤審は3-3の延長十回2死一塁でソフトバンクの中村晃選手が放った右翼ポール際への打球をリクエストによるリプレー検証で本塁打に変更した。ソフトバンクが5-3で勝った試合後、オリックスの福良淳一監督らが立ち会って映像を見直し、審判団がファウルだったと認めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン