オリパラセレクト

フォローする

重量挙げ、五輪予選の新規定発表 最低1試合の出場義務

2020/5/29 21:28
保存
共有
印刷
その他

国際重量挙げ連盟(IWF)は29日、来夏に延期となった東京五輪の出場権に関する新たな規定を発表し、今年10月1日から来年4月30日までに最低でも1度はランキングの対象となる国際大会に出場することを義務づけた。

2018年11月から今年4月末までの国際大会の獲得ポイントによるランキングを基に各国・地域に出場枠が分配されることになっていた。しかし新型コロナウイルスで多くの大会が開催できなかったために期間が追加された。

各国・地域が獲得できる最大枠は男女ともに「4」。日本は既に開催国枠で「3」を与えられているが、通常の出場枠争いにも参加し、最大枠の獲得を目標としている。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 バスケットボール男女5人制の日本代表監督らが14日、オンラインで記者会見して今後の強化方針などを語り、来年の東京五輪で強豪からの白星を狙う男子のラマス監督は「新型コロナウイルスの世界的大流行を乗り越 …続き (8/14)

 世界陸連は12日、東京五輪のマラソン実施日の1年前に合わせて8日に行った医事委員会のメンバー2人による札幌市での現地調査について「来年同じ条件で行われるならば、選手は素晴らしいレースができるだろう」 …続き (8/13)

 スケートボードの国際統括団体、ワールドスケートは12日、オンラインで東京五輪予選に関する会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ストリート、パークともに今年は世界選手権を開催しない方針を固め …続き (8/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]