その他スポーツ

鹿児島国体、23年に開催合意 コロナで延期

2020/9/25 23:00
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの影響により鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会(国体)と全国障害者スポーツ大会について、日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、スポーツ庁、鹿児島県の4者は25日、トップ会談を開き、両大会を2023年に延期して開催することで合意した。10月8日の日本スポ協の臨時理事会で承認を得て正式に決まる。

23年開催が内定していた佐賀県は24年、24年に開催予定だった滋賀県は25年に両大会を実施。25年以降は青森、宮崎、長野、群馬、島根の各県で実施予定だったが、それぞれ1年順送りを基本として開催時期を決める。

会談後に報道陣の取材に応じた日本スポ協の伊藤雅俊会長は「(鹿児島県は)長い年月をかけて準備をしてこられたので、中止にはしたくないと思っていた。ほっとしている」と語り、鹿児島県の塩田康一知事は「大変ありがたく、感謝を申し上げる。これからしっかりと手続きと準備を進めていきたい」と述べた。

国体は21年に三重県で第76回大会、22年に栃木県で第77回大会として予定通り実施する方針。今年10月に第75回大会として開催予定だった鹿児島大会の扱いは今後検討する。国体は佐賀大会から「国民スポーツ大会」に名称を変更する。

日本スポ協によると、今年は既に行われた冬季大会の成績は残るが、本大会が行われないため、天皇杯(男女総合優勝)は授与されない予定。

鹿児島国体の延期時期を巡っては、鹿児島県が当初1年を希望していたが、後続の開催県との調整が難航。7月末から8月上旬にかけて塩田知事が佐賀、滋賀の両県に鹿児島での23年開催と両県での大会の1年先送りを要望し、佐賀が8月、滋賀も今月に入って受け入れを表明していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 白血病からの完全復活を目指す競泳女子の20歳、池江璃花子(ルネサンス)が、参加資格を得ている12月の日本選手権に出場しないことが19日、関係者の話で分かった。今月の日本学生選手権の50メートル自由形 …続き (0:21)

 日本バスケットボール協会は19日、全国高校選手権を12月23~29日に東京体育館と調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開催すると発表した。
 各都道府県予選を勝ち抜いたチームなど、男女各60チームが参 …続き (19日 22:16)

W杯も開かれる山形市の蔵王ジャンプ台(クラレ蔵王シャンツェ)

 山形市は19日、蔵王ジャンプ台のネーミングライツ(命名権)について、半導体関連のアリオンテック(山形市)と契約を結ぶと発表した。年間400万円で期間は5年間。クラレとの契約は2020年末で終了し、新 …続き (19日 18:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]