/

女子1万Mで鍋島V、前田3位 全日本実業団陸上

陸上の全日本実業団対抗選手権第1日は18日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、女子1万メートル(タイムレース)は鍋島莉奈(日本郵政グループ)が32分3秒40で優勝し、東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)は32分8秒06で3位、一山麻緒(ワコール)は32分20秒58で4位だった。

女子1万メートルで優勝し、2位の松田瑞生(左)、3位の前田穂南(右)と笑顔を見せる鍋島莉奈(18日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)=共同

女子1500メートルは卜部蘭(積水化学)が4分12秒44で制した。男子走り幅跳び日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)は予選で7メートル40を跳んで19日の決勝に進んだ。

男子100メートルの多田修平(住友電工)は10月1日開幕の日本選手権に照準を合わせるため棄権を表明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン