/

宮本昌典、日本新で男子73キロ級V 全日本重量挙げ

重量挙げの全日本選手権第1日は11日、新潟県津南町のニュー・グリーンピア津南体育館で行われ、男子は73キロ級で東京五輪のメダルを狙う宮本昌典(東京国際大職)が、スナッチ155キロ、ジャーク190キロのトータル345キロを挙げ、スナッチとトータルで自身の日本記録を塗り替えて優勝した。67キロ級は糸数陽一(警視庁)が制した。

男子73キロ級 優勝した宮本昌典のスナッチ(11日、ニューグリーンピア津南)=共同

女子は55キロ級で五輪3大会連続出場を目指す八木かなえ(ALSOK)がトータル186キロで制覇し、49キロ級は高橋いぶき(金沢学院大大学院)が勝った。三宅宏実(いちご)は腰のけがのため欠場した。

新型コロナウイルス感染予防のため、選手と関係者は体育館が併設された施設に宿泊し、観客を入れずに開催された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン