/

神戸製鋼などが参加意思 21年秋ラグビー新リーグ

ラグビーのトップリーグ(TL)に代えて2021年秋の開幕を目指す新リーグについて、神戸製鋼やパナソニック、サニックスなどが日本協会に参加意思を示したことが1日、関係者への取材で分かった。4月30日に関連した文書の受け付けを締め切り、TLの主なチームや下部トップチャレンジリーグに所属する釜石シーウェイブス(SW)も提出した。

日本協会は今後、新型コロナウイルスの感染拡大の影響も考慮しながら、新リーグのチーム構成などを検討する。

釜石SWは昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の会場となった岩手・釜石鵜住居復興スタジアムを本拠地に想定している。桜庭吉彦ゼネラルマネジャーは「スタジアムの活用に貢献し、地域活性化につなげたい」と話した。

新規参入も募っていたが、ことし限りでスーパーラグビー(SR)から除外される日本チームのサンウルブズは見送ったもよう。SRを離れた後の活動は海外リーグの動向も踏まえて検討する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン